こんにちは!柔道整復師の兼平雅士です。
滋賀県の高校を卒業後、都内の学校で柔道整復療法を学び、
これまで2008年より約3千人の中高年の運動や
リハビリ指導をしてきました。

多くの方の治療をする中で感じたことは

「けがや病気になる前に、どうにかすることはできなかったのか」

という悔しさです。

いったんおとろえてしまった体を回復させるのは、
時間もコストもかかります。
体の自由は、失ってはじめてその大切さに気づきます。
いくつになっても自立して暮らしたいという、当たり前のことでさえ、
体がおとろえるようになってようやく気づくのです。

治るには、なにか特別なことがあるはず。
基本的に健康的でいたい。
そんな思いを叶えるために必要なことは何でしょうか。
まず自分の戻ろうとする力を信じること。
食べる、動く、休むというあたりまえのことを見直すことです。
柔道整復療法の自然治癒力は、本来持っている回復力を
サポートすること。基本となる運動や体のことを、できるだけ
わかりやすくお伝えしていきたいと思っています。

現在の治療の仕事でたくさんの患者さんの治る力を
見てきました。しかし一方で

「私なんて、治らないからどうしようもないの」

という言葉もたくさん聞いてきました。
こんな言葉は言うのも聞くのもつらいことです。

身体をみつめること、運動することを通じて、
だれもが、死ぬまぎわまで、いのちを肯定して生きられる。
そんな社会をつくっていきたいと願っています。 
そんな、とみん三鷹整骨院でありたいです。



 厚生労働省認定 柔道整復師免許証 東京都 66712号
 協同組合 中央接骨師会会員 №3010